スポンサーリンク

#こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それでは、ごゆっくりとご覧ください!

日本初!平戸で感動キャッスルスティ〜宿泊施設の最先端

ランキング参加中
歴史
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ひと味違う旅行体験ができるプラン

城泊・農泊・寺泊など違った体験ができる!

貸別荘に泊まるなら、STAY JAPAN

田舎暮らしを体験しよう。STAY JAPAN

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本初!超スイートルーム
平戸城に城泊できる?

「人生に一度はお城に泊まってみたい!」

そんな願望を持った歴史通は、たくさんいます。

朗報です。

まるで殿様気分が味わえるイベントが、平戸城であるのです。

城泊、別名キャッスルステイと呼ばれるもので、今後も全国のお城で開催されようとしています。

戦国・江戸時代にタイムスリップしたような体験の中、豊かな自然に触れ、美味しい食べ物を堪能する。

歴史好きの方はもちろん、歴史に興味がない方にとっても魅力的な宿泊プランではないでしょうか。

今までとは視点が違う新しい城泊というプランについて、平戸城のキャッスルステイを中心にご紹介いたします。

平戸城の歴史と観光名所

平戸城とは、別名亀岡城と呼ばれる風光明媚な城です。

平野や丘陵などに築かれた平山城で、江戸時代には再築のため、山鹿素行も設計に加わったそうです。

赤穂城と並び山鹿流の数少ない城で、「日本100名城」の一つでもあります。

周囲を海に囲まれ、城下には当時の南蛮町が見渡せ、自然と文化の情緒がマッチした平戸城。

まさに戦国・江戸時代にタイムスリップした気分を味わえます。

ここでは、平戸城の城主についてや平戸の観光名所なども簡単にご紹介いたします。

・平戸城主松浦氏とは?

平戸城は、築城以来、松浦氏という明治時代には伯爵にも列した立派な名士が城主として代々継承しています。

この松浦氏ですが、その歴史は古く、源流は平安時代に迄さかのぼります。

鎌倉時代には、元寇の役で活躍したとの資料も残っており、戦国・江戸時代という激動の時代を平戸に居を構え続けた家柄です。

特に江戸時代では、外様大名では初めての幕府の寺社奉行となるほどの実力を誇りました。

滅ぼされず、取り壊されず、存続させた立派な家柄ですが、ゲームや小説などでスポットを浴びないのが残念なところではあります。

日本史でも人気のある戦国時代を取り扱ったパイオニア的ゲーム・信長の野望。

初期の頃から、ほぼ全シナリオに松浦氏が登場していることでも凄さがわかるでしょう。

残念ながら周辺を大友氏・龍造寺氏、そして南には島津氏というツワモノ大名がひしめき合っているので目立つことはないのですが。。

信長の野望最新作

武将2200人、イベント数330以上の 大ボリューム!

【楽天1位受賞!!】KOEI コーエーテクモ 信長の野望・新生 with パワーアップキット(Windows・パッケージ版) 4988615188121

・平戸の観光名所

平戸は、三浦按針、フランシスコ・ザビエル、吉田松陰など歴史上の偉人との関わりが深い場所です。

南蛮貿易の要となっていた平戸の観光名所は

西洋と日本の文化が融合した町である平戸は、教会や神社などが混在している不思議な町です。

また公園や橋、丘など自然も楽しめる場所でもあります。

平戸は、西洋と日本の文化が融合した町であると同時に自然と歴史が融合した町なのです。

城泊プロジェクトの内容:
平戸城CASTLE STAY懐柔櫓

平戸城に1日1組限定で利用できる豪華な宿泊プランが今回ご紹介する城泊です。

宿泊できる場所は、宿泊用に改装した懐柔櫓(かいじゅうやぐら)です。

間取りは2階建和洋室、広さは119.76㎡。

3面ガラス張りのバスルームからは、平戸島を一望できるという豪華さです。

まさに殿様になった気分を堪能できます。

また鎮信流茶道体験や平戸神楽、座禅&お茶体験などの体験プログラムも充実しています。

ひと味違う旅行体験ができるプラン

城泊・農泊・寺泊など違った体験ができる!

他にもある城イベント

平戸城での城泊のほか、全国のお城を単に歴史的文化財として鑑賞するだけではなく、積極的に利用していく動きが高まっています。

代表的な城イベント一覧

今後も全国の城で泊まれる企画やイベント、その他のユニークなイベントが活発化していくことでしょう。

進化する宿泊施設の多様性

観光庁は、歴史的価値のある城や社寺、古民家等を活用した体験型宿泊コンテンツの推進を積極的に支援しています。

観光立国としての日本を目指して、補助率は1/2補助(上限800万円)という力の入れようです。

例えば、観光事業がない牧歌的な農家で農業体験プランなども若い世代や外国人に高い評価を得ています。

今までは京都や奈良などの目立った歴史的建造物がある場所しかインバウンド需要がなかったのですが、今後は日本の文化や歴史を感じられる農家や民家なども注目を浴びるかも知れません。

少子化、過疎化が進む日本において、城泊に見られる海外向けの観光事業が起死回生の一手となるのか。

今後も期待せずにはいられない事業ではないでしょうか。

ひと味違う旅行体験ができるプラン

城泊・農泊・寺泊など違った体験ができる!

貸別荘に泊まるなら、STAY JAPAN

田舎暮らしを体験しよう。STAY JAPAN

タイトルとURLをコピーしました