スポンサーリンク

#こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それでは、ごゆっくりとご覧ください!

【資本主義の父】渋沢栄一の老後と三大事業とは

ランキング参加中
歴史
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心身ともに健康的な老後を送った渋沢栄一

渋沢栄一は、日本の資本主義の先駆者として知られ、社会の発展を支援する多くの事業を展開し、功績を残しました。

また、彼は経済の発展が社会全体の福祉向上に必要であると考え、自らの事業を通じて日本の経済発展を牽引した人物です。

老後を迎えた渋沢栄一の人生においても、健康的な老後を送ることをモットーにしてきました。

彼は自身の健康を大切にし、健康法を学び、実践して、その当時では珍しい91歳という長寿を全うしたのです。

渋沢栄一の功績は、日本の経済発展を支援した事業だけでなく、健康的な老後を送ることを実践し、長寿を迎えたことです。

現代においても、渋沢栄一の生き様は、多くの人々に影響を与え、健康と社会貢献の両立を追求する意味や意義の大事さを伝えています。

今回は、渋沢栄一の三大事業と実践した健康法などを紹介していきます。

また名言も紹介いたしますので、新一万円札の顔、渋沢栄一を是非ご堪能ください!

渋沢栄一の三大事業とその功績!

渋沢栄一は、日本の近代化と産業発展を促進するために、三つの主要な事業を展開しました。

これらの事業は彼の「三大事業」として知られています。

以下、三大事業について、簡単にご説明いたします。

鉄道事業

渋沢栄一は日本初の民間鉄道会社である東京鉄道(現在のJR東日本)の創立に参画し、鉄道網の発展を推進しました。彼は鉄道の重要性を認識し、日本各地を結ぶ鉄道網の整備を目指しました。

これにより、人や物の流通がスムーズになり、地域経済の発展を促しました。

銀行事業

渋沢栄一は日本初の民間銀行である第一国立銀行(現在のみずほフィナンシャルグループ)の設立に関与し、近代的な銀行業務の普及を推進しました。

彼は銀行の役割を理解し、資本や金融を活用して産業を支援する仕組みを整えました。

これにより、企業の資金調達が容易になり、産業の発展を後押ししました。

保健事業

渋沢栄一は日本初の民間保険会社である東京火災保険会社(現在の東京海上日動火災保険)の創立に尽力しました。

彼は保険の重要性を認識し、人々のリスクを保障する仕組みを普及させました。

これにより、災害や病気に対する経済的な安全網が整い、社会全体の安定を図りました。

以上の三大事業は、渋沢栄一の先見性とリーダーシップによって実現されました。

これらの事業により、日本の産業発展と経済近代化は、大いなる発展を遂げ、多くの人々に、その功績を讃えられたのです。

渋沢栄一流の2000万円問題解決法!

渋沢栄一は、日本の歴史において重要な事業を展開し、社会に多大な貢献をした人物として知られています。

しかし、渋沢栄一が活躍した事業当時と現代の社会環境は大きく異なります。

現代の問題の一つには、定年を迎えた後の人々の生活における課題があります。

65歳を超えた場合には多くの人が無職となり、年金などの収入が不足する心配があります。

そこで、渋沢栄一流2000万円問題の解決法として、以下の対策を考えてみました。

その1:資金の運用

渋沢栄一は投資を活用して資金を増やす手法を用いました。

現代でも、NISAやiDeCOといった非課税制度を活用し、投資を通じて資金を増やすことができます。

投資にはリスクがあるため、専門家のアドバイスを受けて、運用をして方が良いでしょう。

その2:副業

定年後に副業を始めることで、収入を増やすことができます。

自分の得意分野や趣味を活かした副業を見つけることで、生活費の足しにすることができます。

様々な副業がありますが、定年前から副業を始めることをオススメします。

会社によっては、副業禁止の会社もありますが、自分に何が出来るかを考え、複業にしていくことで花開く老後になるかも知れません。

その3:支出の見直し

定年後には支出の見直しが絶対に必要です。

生活費や消費支出を見直し、無駄を省いて必要な支出に絞ることで、資金の節約ができます。

今、現在の支出がどの程度なのかを把握し、老後では、どのような支出があるのかを調べておくことで現実の支出の見直しにもなるでしょう。

必要であれば、生活コストの低い郊外に転居することも視野に入れて、考えてみてはいかがでしょうか。

その4:金融庁の制度活用

金融庁の公的年金制度を活用することで、定年後の収入を補完することができます。

年金の受給時期や受給額を適切に選択することで、生活の安定を図ることができます。

詳しくは、金融庁のホームページを自分で調べることや専門家にアドバイスをもらうことなどで、自分の老後の準備をしておく、または現在受けられる年金制度は、適切なのかどうかを考える必要があるでしょう。

その5:地域支援の活用

地域の福祉施設や社会福祉協議会など、社会の協力を受けることで、生活の支援を受けることができます。

地域のネットワークを活用し、支援を受けながら老後を過ごすことができます。

まずは、その地域で、どのような生活支援があるのかなど、調べてみましょう。

渋沢栄一から学ぶ健康長寿の秘訣!

渋沢栄一は日本の歴史に名を刻む偉大な人物であり、91歳で亡くなるまで元気に人生を謳歌していた人物としても知られています。

彼の生活スタイルや考え方を参考にすることで、老後を健康的に楽しむヒントが得られるかもしれません。

では、実際どのような健康法や考え方だったのかをご説明いたします。

質の高い朝食の摂取

渋沢栄一はオートミールや和菓子を朝食に摂ることが多かったと言われています。

栄養価の高い食材をバランスよく摂取し、健康的な朝食を意識することで、一日のエネルギーを補給し、健康長寿に繋がるかもしれません。

アルコールの摂取を控える

渋沢栄一はアルコールを摂取しないことで知られています。

過度のアルコール摂取は健康に悪影響を及ぼすことがありますので、節度を持って飲酒をするか、控えることが大切です。

学ぶ姿勢を持つ

新しいことに興味を持ち、自己啓発を続けることで脳を活性化し、認知症予防にも繋がると言われています。

渋沢栄一は、高齢になっても学ぶ姿勢を怠らず、また大変な読書家だったそうです。

いくつになっても興味を持つことは、健康にも精神にも元気になる秘訣といったところでしょうか。

ストレスを溜め込まない

過度のストレスは健康に悪影響を及ぼすことがありますので、心身の健康を保つためにもストレスを溜め込まず、リラックスする時間を持つことが大切です。

事業が上手くいかない時や家族との間に諍いがあった時、そういう時もあると達観した見方を、常に心がけていたそうです。

禁煙をする

渋沢栄一は亡くなる数年前から禁煙を実践した人です。

もともと、タバコは合わなかったそうで、大病を患ってからは、禁煙を実践したそうです。

喫煙は、健康に悪影響を及ぼすことがありますので、禁煙をすることで健康を保つための一歩につながるかも知れません。

適度な運動をする

渋沢栄一は、毎日の屈伸運動を欠かさず実践していました。

高齢になると、体の至るところに不調がでますが、運動することで緩和でき、健やかな人生を送れるキッカケにもなります。

ハードな運動ではなく、まずは自分ができる範囲の軽い運動を、毎日実践してみましょう。

人生の知恵が活きている名言からの学び

限りある資産を頼りにするよりも、限りない資本を活用する心掛けが肝要である。限りない資本を活用する資格とは何であるか。それは信用である。

信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。

渋沢栄一の名言からは、計画や努力を重視し、本質を見据え、信用される人間になるための徳を積むことが大切であると学べます。

彼は、失敗を恐れずに挑戦し続ける姿勢を持つ人物であり、高齢になっても学びを重んじていた人物でもあります。

渋沢栄一の言葉は、今もなお多くの人に影響を与えています。

彼のように、本質を見極め、努力を重ねながら信念を持ち続けることで、幸福な人生を築くことができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました