スポンサーリンク

#こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それでは、ごゆっくりとご覧ください!

【落語ブログ】オンラインで学ぶEnglish落語

ランキング参加中
特集
この記事は約21分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

落語で学ぶ!ICTを使った学びの新時代

年齢を重ねるにつれて

「英語が嫌い!」

「英文を見るだけで吐き気がする」

自分も含めて、そんな方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、歳のせいにしたくない方には、ICTの活用が大きな助けになるかも知れません。

ICTとは、情報通信技術のことで、e-ラーニングもその一つです。

落語を使用した学習方法は、楽しく何度でも聞いてみることができるため、英語に興味がある方には最適な方法の一つです。

ICTを使った学習は、英語学習に加えて、落語や日本語の学習或いは日本の文化そのものを知るキッカケにも便利です。

落語を学ぶことで、日本の文化に触れることができ、さらには英語力も向上することができるというわけです。

今後ますます発展するICTを活用することで、楽しく簡単に学ぶことができるようになり、誰でもが自分の思い通りの学習プランで学べる新時代が到来しているのでは、ないでしょうか。

落語で英語を学ぶメリットとは?

落語を通じて英語を学ぶことは、リスニングや発音、文法など多角的なスキルを身につけることができるとされています。

落語は、ストーリー性やキャラクター性があり、リアルな会話に近い表現が多く含まれています。

そのため、落語を聞きながら英語を学ぶことで、リアルなシチュエーションにおける英語の表現を学ぶことができます。

また、落語は何度でも聞くことができるため、リピート学習に最適です。

さらに、年齢や英語が苦手といったハードルをICT技術を活用したオンライン学習で克服できる点も魅力です。

落語を英語学習の手段として取り入れることで、楽しみながら効率的に英語力をアップすることができるのです。

・英語の基本的な学習方法

英語を話すためには、戦略を練ることが非常に重要です

特に年齢を重ねれば重ねるほど、有効な学習方法が最短へのステップとなります。

自分にあった方法を組み合わせ、「継続」と「反復」が大事になります。

またモチベーションを高めることも重要になります。

単に誰かに強要された必要性に駆られてや他の人よりも優れているところを見せたいといった部分にのみの行動では、継続は難しく感じるでしょう。

モチベーションは、人それぞれです。

単に誰かと話したいや自由に旅を楽しむために語学を学びたいというシンプルな動機が一番続くモチベーションのような気もします。

「誰かの日常を少し幸せにする」

そのようなところにモチベーションを持っていければ、「継続」は難しくないのかも知れません。

方法だけではなく、意欲をかき立たせる自分にとって大事な意味を持つ目標の両軸を考えて、学習を続けていきませんか?

以下は、英語を学ぶ上で基本的な方法についてのいくつかのヒントです。

  • 文法の基礎を学ぶ:英語の文法は非常に重要です。文法の基礎を理解することで、英語をより正確に理解できます。
  • 単語を覚える:英語の単語を覚えることは、英語を話す上で重要です。単語を覚えるには、英単語のリストを作成して、毎日少しずつ覚えることが良い方法です。
  • リスニング:英語を聴くことは、英語を理解するために重要です。テレビ番組、ラジオ、音声教材などを聴くことで、英語のリスニング力を向上させることができます。
  • スピーキング:英語を話すことは、英語を学ぶ上で重要なスキルです。英語を話す練習には、友人や家族と会話すること、または英会話教室に通うことが良い方法です。
  • 読書:英語の本やニュース記事を読むことは、英語を学ぶ上で重要な方法の一つです。英語のレベルに合った本を選んで、毎日少しずつ読んでいくことが大切です。

これらの方法を組み合わせることで、英語の基礎をしっかりと身につけることができます。

・落語で楽しむICTを活用した学習

落語を通してe-ラーニングを楽しく学ぶ方法を紹介します。

e-ラーニングは、パソコンやスマートフォンを使って学ぶことができる学習方法であり、自分のペースで学習できる点が魅力的な学習ツールなのです。

落語は、聞き取りやリスニングのトレーニングに最適であり、また笑いを通して覚えることができる点でも効果的です。

落語とe-ラーニングを組み合わせた学習方法では、まず、落語の演目を聴き、理解度を確認します。

その後、e-ラーニングで用意された問題に挑戦し、自分の理解度をさらに深めることができます。

このように、落語を通じて学んだことをe-ラーニングで復習することで、より効果的な学習ができるのです。

落語とe-ラーニングの組み合わせは、学習が苦手な方や英語初心者の方にもおすすめです。

楽しく何度も聴きながら復習できるため、自然と英語が身につくことでしょう。

今後も、落語とe-ラーニングを活用した学習方法がさらに進化を遂げて、違った方法で我々の前にあらわれるかも知れません。

是非、落語を通してe-ラーニングを楽しく学んでみてはいかがでしょうか。

オンライン学習で身につく「饅頭怖い」の英語

「饅頭怖い」とは、落語の演目の1つです。

例えば「怖い」という意味の「scary」や「恐ろしい」という意味の「frightening」など、たくさんの英語の表現を学ぶことができます。

オンライン学習を利用することで、いつでもどこでもこの落語を聞くことができ、繰り返し聞くことで英語のリスニング力も向上するでしょう。

また、落語には様々な演目があり、それぞれに面白いストーリーや言葉遊びが含まれています。

落語を通じて、英語を学ぶだけでなく、日本の伝統芸能や文化に触れることもできます。

しかし日本特有の文化の理解や言葉遊びでのオチは、英訳では、難しいと感じる落語もあるため、落語の演目は英語において限定的です。

ここでは、海外の方にも理解しやすく、英語でも内容がおかしくない「饅頭怖い」を例に挙げます。

・「饅頭怖い」とは

饅頭怖い」は、男たちが自分たちが怖がるものについて話し合っているところから始まります。

ある男は、他の男たちが蛇や蜘蛛などを怖がるのを見て、「ダサい」と舐めた態度をとっています。

しかし、彼自身は実は饅頭が怖いことを告白します。

その後、他の男たちは、ある男をからかって大量の饅頭を枕元に置きます。

ある男が起きると、驚いた顔をして饅頭を食べます。

最終的に、障子の裏に潜んでいた男たちが、ある男が騙していたことに気づき、怒り心頭。

男たちが聞きます。

「本当は何が怖いんだ!?」

そうすると、ある男がこう答えます。

「今後は濃いお茶が怖い!」と告白するオチで物語が終わります。

この落語は、騙し合いの要素が含まれており、オチに笑いを誘う展開が特徴的です。

・「饅頭怖い」の魅力

落語「饅頭怖い」は、多くの人を惹きつける独特の魅力があります。

まず、饅頭という身近なものが「怖い」という意外性に驚かされます。

誰もが食べたことがあると思われる饅頭が、怖いものとして描かれることによって、落語の世界にグッと引き込まれる仕掛けです。

また、ストーリー展開も巧みで、ある男が「自分は何も怖くない」と豪語する姿勢に対して、周囲の男たちが、ある男を騙すために仕掛けた罠が、ある男が仕組んだ罠だったというオチ。

落語「饅頭怖い」は、身近なものを巧みに使い、驚きや笑いを誘うストーリー展開が魅力的な落語の一つです。

落語としても、比較的アレンジしやすく、話しやすいこともあって、主に前座の噺家さんが、よく高座に上げる落語とされています。

また英語の教材としても、分かりやすく身近な話でもあるので、何度でも英語で学びたく落語でもあるのです。

英語が苦手でも楽しめる落語の魅力!

The whole purpose of education is to turn mirrors into windows.

教育の目的とは、鏡を窓に変えることだ

 Sydney J. Harris

落語は、日本でも馴染みのある話を繰り返し、巧みな話術で聞き手を魅了する演芸の一つです。

そして、落語は万国共通のウィットに富み、ユニークな展開で受け入れられやすく、海外でもファンが多い芸能です。

また、今ではe-ラーニングの時代になり、落語もICTを活用した学習方法が注目されています。

特に「饅頭怖い」は英語を学ぶための教材としても人気があります。

英語が苦手でも、楽しみながら聞き取り力やリスニング力を養うことができ、字幕を使うとリーディング力も養うこともできるのです。

落語は、古くから愛され続ける芸能であり、その魅力は、ICTを通して、今後も引き継がれていくことでしょう。

今回は、英語に興味を待つために、話題のICTを使って、落語で学んでみるという方法を提案しました。

さて、この記事を読んで、次に言うセリフは、このようではないでしょうか?

“The next is’t good at Korian(language)!”

「今度は韓国語が嫌い!」

タイトルとURLをコピーしました