スポンサーリンク

#こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それでは、ごゆっくりとご覧ください!

【どうする家康】ゆかりのお城を巡る追体験紀行

ランキング参加中
歴史
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

▼どうする家康を見るには▼

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家康ゆかりのお城巡りの魅力に迫る!

歴史的な英雄である徳川家康。

彼の足跡を辿ることができるお城が、愛知県や静岡県に点在しています。

家康ゆかりのお城を巡る旅は、老後の楽しみとして、ワクワクする趣味の一つです。

彼の出世の足掛かりとなった城や小牧・長久手の戦いの舞台となった場所を訪れ、時代を感じながら、歴史の伊吹に触れることができます。

これは、お城巡りならではの魅力です。

また、家康ゆかりの城は、名城として名高いお城ばかりで、趣きある建築や風景を楽しむことができます。

お城を巡りながら、歴史を学び、楽しみを見つけることができる趣味旅は、老後をより充実させること間違いありません。

家康の足跡を追い、ゆかりのあるお城を巡りながら、日本の歴史と文化を堪能しましょう。

家康ゆかりのお城巡りは、旅の中でも特別な魅力に溢れている趣味旅なのです。

静岡県・愛知県の名城めぐり〜家康ゆかりのスポットを探訪する

家康ゆかりの城は、名城として名高いことで有名です。

名城に一歩足を踏み入れると、家康が過ごした時代の息吹や文化を垣間見ることができます。

特に天守閣は、その迫力ある姿や圧倒的な風景美は、多くの観光客を魅了しています。

また、静岡県と愛知県にある名城の周辺には、美しい自然や風光明媚な景色が広がっています。

家康の足跡を辿り、その時代に想いを馳せながら、歴史と自然が融合した魅力的な旅を満喫しましょう。

ここでは、静岡県・愛知県にある家康ゆかりの城で、特に外せない名城をご紹介いたします。

▼歴史の人気記事を見るには▼

【中華4000年の血脈】秦の始皇帝の末裔は長宗我部元親
「ハリーポッター」「マッシュル-MASHLE-」にも登場するマンドラゴラを日本に紹介したのは南方熊楠!
【身長から考える】豊臣秀頼が秀吉の息子である可能性は?
【豚一殿の食卓】徳川慶喜のグルメな日常
【豊臣秀吉にも四天王が存在した!】徳川四天王に対抗した羽柴四天王

家康の出世城を訪ねて─浜松城と岡崎城の歴史に迫る

・浜松城

浜松城は、静岡県浜松市にある歴史ある城です。

もともと「曳馬城」と呼ばれていましたが、徳川家康が「浜松城」と改称しました。

もう一つの呼び名が「出世城」。

これは江戸時代、浜松城の城主になると、幕府の要職に就けるなど大いに出世できることから、徳川家臣は、こぞって浜松城主になりたがりました。

「天保の改革」で知られる老中・水野忠邦もその一人であることは、特に有名です。

また浜松城といえば、「神君三大危難」として知られる、武田信玄との三方ヶ原の戦いで大敗北を喫し、逃げ帰った城で有名です。

この大敗北からの学びで、家康は大躍進を遂げるのです。

苦難と屈辱、学びの多かった城といえるでしょう。

そして浜松城に周辺には、多くの歴史的な建造物や観光スポットもあります。

例えば、女城主・お田鶴を祀った椿姫観音など、歴史好きには堪らない場所が、自転車や徒歩で行ける距離に点在しています。

浜松城は、家康が多いに飛躍する前の数十年間の出来事と深い関わりを持ち、静岡県の重要な文化遺産として多くの関係者に愛されています。

四季によって、その表情を変化させる浜松城に一度は、足を運んでください。

▼市内巡りに自転車を利用してみては?▼

・岡崎城

岡崎城は、家康が生まれた城として有名です。

桶狭間の合戦以降、三河を平定するまで居城としていた徳川家のルーツとなる城でもあります。

岡崎市を象徴するような天守閣の優美さは、日本100名城に選出されたほどの名城。

春には桜風景、夏には花火で彩り、秋は紅葉、冬はライトアップで幻想的にと、四季それぞれで楽しませてくれる名城です。

また周辺には、三河武士のやかた家康館や東照公産湯の井戸、しかみ像などの家康のルーツを発見できる場所が多くあります。

名古屋からのアクセスも良く、自動車で来られる場合は、一時間も掛からない距離です。

家康ゆかりの城巡りでは、絶対外せないスポットなのです。

・大御所家康の名城を訪ねて─名古屋城と駿府城の歴史に迫る

・名古屋城

「尾張名古屋は、城で持つ」と伊勢音頭で歌われたほど、豪華絢爛、風光明媚な日本三大名城の一つです。

名古屋城は、徳川家の威光を天下に知らしめるため、その当時、最高の技術を駆使して築城させて巨大大城なのです。

家康九男である徳川義直が名古屋城初代藩主から始まり、実に約260年間、尾張徳川家を支えた名城です。

一度は、足を運んだ方も多い名城かと思われますが、何回も訪れたくなる、飽きのこないお城です。

特に名古屋城の石垣は、当時一流の城造りの名手である加藤清正が手がけた最高峰クラスの石垣があります。

名古屋城の造形美に酔いしれながら、徳川家の威勢に浸ってみるのは、いかがでしょうか。

▼名古屋に行くなら▼

いまやモバイルでお得に国内に行くのが当たり前!

この機会にモバイル予約してみては

安心のYahoo! JAPANトラベル!!

登録簡単!

予約超簡単!

【Yahoo!トラベル】取り扱い施設数が約17000施設!!国内最大級宿泊予約サイト

・駿府城

円熟味を増した徳川家康が大御所となり、最後の住処をしたのが駿府城です。

家康存命当時は、天下一流の技術者を集め、大工事を行わせた名城です。

築城当時は、城郭史上最高の天守台があったとのこと。

まさに至高の名城といってたところでしょう。

しかし、家康が亡くなった数年後、大火事により大半が焼失してしまいました。

現在は、本丸などが駿府公園として整備され、堀や石垣などを見ることができます。

家康の最後を知る駿府城に、一抹の寂しさと家康終焉の地の趣きを感じながら、駿府公園でひと時を過ごすのも一興ではないでしょか。

小牧・長久手の戦いを訪ねる旅

関ケ原の戦いより遡ること10数年前、天下分け目の合戦は、小牧・長久手で行われたのです。

天下人・豊臣秀吉と徳川家康が、最初にして最後の戦いの場所。

それが小牧・長久手なのです。

小牧・長久手の戦いとは、一体どのような戦いだったのか。

圧倒的戦力差の中で、家康はどのような戦略を立てたのか。

詳しくご説明いたします。

・小牧・長久手の戦いとは

織田信長が本能寺の変で暗殺された後、その後継者の座を巡って織田家の中で派閥争いが起きます。

有名な「清須会議」において、織田家での地位を確立し、中心人物となった羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)。

秀吉に対抗するため、徳川家康と同盟を組んだ織田信雄

そんな緊迫感の中、羽柴秀吉と徳川家康が、ついに小牧・長久手の地で相まみえる事態となるのです。

秀吉軍じつに10万の大軍勢。

かたや織田・徳川連合軍1万6000余り。

秀吉は、すぐさま犬山城を陥落すると、そこを攻撃拠点とします。

対する家康は、小牧山城を守城とします。

膠着と激闘の繰り返し。

静寂と騒然。

静と動が目まぐるしく交差する中、家康の戦術は冴えに冴えわたります。

秀吉軍は、池田恒興や森長可を戦死させるほどの大打撃を受けるのでした。

結果的に織田信雄の秀吉への和睦により、幕を閉じましが、局地的な家康の勝利は揺るぎないものでした。

小牧・長久手の戦いは、戦国時代の激動期における重要な戦いの一つであり、これ以降、徳川家康の武名は天下に鳴り響き、畏怖される存在となるのです。

小牧・長久手の戦いで、秀吉を凌駕した事実が、後の家康に天下を取らしめたのです。

・徳川家康の戦略─小牧・長久手の戦いでの勝利の秘密に迫る

小牧・長久手の戦いは、10万の軍勢を逆手にとった戦いでもあります。

たしかに、10万という数は脅威ですが、各軍団は、足並みが揃っていないことも多く、そこにつけ入る隙も生じます。

家康は、秀吉の軍団を個別に叩くべく、徳川四天王・酒井忠次に命じ、奇襲を仕掛けるなどで戦力を削ぎ落とす作戦に出ます。

また秀吉への挑発・煽りも忘れません。

同じく徳川四天王・榊原康政の挑発状が、秀吉の逆鱗に触れ、康政の首に賞金を出すほどの怒りようでした。

また秀吉は、身内や家族に甘い傾向にあります。

甥っ子である豊臣秀次の初陣であった小牧・長久手の戦い。

何とか手柄を授けたい秀吉は、犬山城から別働隊を出兵し、家康の本拠地である岡崎城を攻撃するという池田恒興の作戦案を承認し、豊臣秀次を総大将とします。

家康に筒抜けであった奇襲作戦は、逆に先手を取られ、秀吉軍は、池田恒興や森長可を戦死させるほどの敗北を喫したのでした。

小牧・長久手の戦いの舞台であった

国宝「犬山城」と大軍勢を見事打ち果たした「小牧山城跡地」

小牧・長久手の戦いを想像しながら、風情ある史跡を訪ねてみてはいかがでしょうか。

旅じゃ有りませんか、誰だって人間の生涯は。

島崎藤村

日本の歴史や文化を感じ、触れる一番良い方法は、旅に行くことです。

旅は、自分自身を知ることや人生を振り返る機会に富んでいます。

また世界に偉人に触れる旅は、その人物が一体、何を考え、行動したのかといったヒントにも繋がります。

佳境となる「どうする家康」。

徳川家康ゆかりの城を巡る旅で、ますます徳川家康の魅力に触れることが出来るでしょう。

そして、ますます徳川家康が好きになることでしょう。

古狸と揶揄され、織田信長や豊臣秀吉と比べると華やかさに欠ける地味な人間と思われることが多い御仁ですが、ゆかりの城を巡ると如何に人間的な魅力に富んだ人間であったのかを伺い知ることができます。

徳川家康の魅力は、城にこそ現れている。

魅力を知るために、ゆかりの城を一度巡ってみてはいかがでしょうか。

▼物語は佳境へ▼

「どうする家康」を見るには

映画・ドラマ・コミック豊富なコンテンツ!!

年末年始の前に加入してみては?

ドラマ観るなら<U-NEXT>

タイトルとURLをコピーしました