スポンサーリンク

#こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それでは、ごゆっくりとご覧ください!

【宗像】神々の息吹を感じるアフロディーテの故郷

ランキング参加中
歴史
この記事は約24分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

神話と伝説に彩られた宗像に触れる

宗像は、日本の古代神話と伝説に彩られた土地であり、神秘的な魅力に満ちています。

この美しい地域は、宗像三女神 というアフロディーテ(女神)の故郷として知られています。

また、宗像大社をはじめとする数々の神社は、神聖な場所として一層魅惑的に映る場所として、人々を魅了して止みません。

特に沖ノ島周辺は、神々の休憩場所と言われており、神々が宿る島として崇められています。

そして、宗像で育まれた特産品も魅力の一つです。

むなかた牛や地元の新鮮な海産物など、豊かな自然の恵みを味わうことができます。

これらの特産品は、宗像の風土や伝統が詰まった味わい深い逸品です。

神秘で美しい場所である宗像の歴史や特産品を少しお話しします。

宗像三女神の誕生

タキリヒメ・イチキシマヒメ・タギツヒメの3人のアフロディーテ。

彼女たちは日本の古代神話に登場し、古来より守り神として信仰されています。

彼女たちの誕生にはいくつかの異なる伝承が存在しますが、共通しているのは彼女たちが天照大御神(あまてらすおおみかみ)の神霊を宿し、日本の神話の中で重要な役割を担っていたということです。

伝承に一般的な解釈では、この天照大神と素戔嗚尊(すさのおのみこと)の娘とされています。

そして彼女が祀られている宗像大社は、朝鮮や中国を結ぶ要所であったことから、海上・交通安全の神として信仰されています。

あの「海賊とよばれた男」の主人公・出光興産創業者、出光佐三は宗像大社を大変信仰したといわれています。

宗像三女神は、文献によっては同一視されますが、簡単に三女神のご紹介をさせていただきます。

タキリヒメ

タキリヒメは、日本の神話に登場する女神で、の娘で素戔嗚尊、長女とされています。

彼女は大国主命(おおくにぬしのみこと)と結婚したとされています。

そして、タキリヒメは玄界灘の神として海上交通の平安を守る重要な神として重視されていました。

また、彼女は弁天さまと同一視されることもあり、財宝の神としても崇められてきました。

水の女神としての性格もあり、航海安全や海上での守護神としても知られています。

さらに、財宝の神としての一面も持っているため、金運アップのご利益があるともされています。

彼女は、日本の神話を豊かに彩る女神として、多くの人々に愛されています。

イチキシマヒメ

イチキシマヒメは、日本神話に登場する女神で、イツキシマヒメとも呼ばれています。

彼女は宗像三女神の一柱であり、水の神として知られています。

また彼女は絶世の美女とされ、商売繁盛や芸能にご利益がある神としても祀られています。

その他、金運・勝負事・豊漁・交通安全・五穀豊穣などのご利益があるとされています。

『古事記』によれば、イチキシマヒメは2番目に生まれた神とされています。

彼女は、海神として海上の安全や豊かな漁獲を祈る漁師たちとって無くてはならない存在です。

イチキシマヒメは、商売や芸能の神としてご利益があることから、商店や劇場などで、彼女の加護を求めた神事や祭りが行われることもあります。

また、彼女は金運や勝負事にも縁起が良いとされています。

宗像大社に訪れた際は、イチキシマヒメにまず参拝すると金運がアップするかも知れません。

タギツヒメ

タギツヒメは、航海安全や交通安全の神として知られており、福岡県玄海町の宗像大社の中津宮に祀られています。

彼女の名前の「タギツ」は、水が動くことを意味します

その事から、タギツヒメはおそらく海流の女神だと考えられています。

海流の神である彼女は、航海者や旅人の安全を守る存在として信仰されてきました。

今でも、海に関係する仕事の方の多くは、宗像大社の中津宮に、彼女の加護を求めて訪れます。

彼女は、人々に海や自然の摂理に対する畏敬の念を持たせ、航海や交通に関わる人々にとっても重要な存在であったのです。

文化とグルメ満載の宗像の魅力

宗像は、豊かな文化と美食の宝庫として知られています。

その魅力は尽きることがありません。

例えば、宗像の一大特産である「むなかた牛」は、柔らかく上質な肉質で、絶妙な霜降りが楽しめます。

また宗像は海に囲まれた土地柄であり、新鮮で豊富な海産物も魅力の一つです。

新鮮な魚介類や海の幸を使った料理は、味わい深く、素材の鮮度を楽しめる料理が根付いております。

宗像を訪れる際には、地元の食材を使ったグルメをぜひ楽しんでください。

風情ある歴史的なスポットを巡りながら、古代の神話や伝統文化に触れる旅を満喫できる宗像。

また伝統的な祭りや行事も多く、地元の人々の熱いパッションを体感できるでしょう。

宗像は、文化とグルメが溢れる魅力的な地域であり、人々を魅了すること間違いありません。

福岡空港から程近い宗像を、九州観光の一つの目玉として、選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ:宗像から始まる日本の信仰

宗像は日本の信仰と文化が息づく素晴らしい土地です。

宗像大社に祀られている宗像三女神を中心に、神話や伝統の足跡が、この地に息づいています。

さらに、宗像の自然は「むなかた牛」や新鮮な海産物の宝庫であり、食文化も魅力的な場所です。

宗像は、古代から日本の人々にとって大切な信仰の地であり、神々に畏敬と感謝を伝える大切な場所として存在しました。

宗像大社の宗像三女神伝説は、時代を超えて語り継がれ、今もなお多くの人々の心の琴線に触れています。

宗像の歴史や文化、美食は、日本の宝であり、多くの人々を魅了してやみません。

海に囲まれたこの土地で、神々の祝福を感じながら、豊かな自然や伝統に触れる宗像で、日本の信仰と文化の素晴らしさをもう一度発見しましょう。

タイトルとURLをコピーしました